中国ブランド日本に進出。ハイブランド好きが白目 その1

こんにちはyamatoです。

今回のサムネは別にふざけてるわけでもメシテロなわけでもなく、、、

個人的な中国のイメージがコレ、、、という。すみません。。

さて、上海などで買い付けを行っていらっしゃるセレクトショップの方々をのぞけば

中国のブランドってどんなのだろうと思われるのではないでしょうか?

ただ私たちの消費生活は中国無しではやっていけないのではないでしょうか?

個人的には朝鮮民主主義中華人民共和国という国に対して喜びも憎しみもなく、アンチではありませんし、おいしい中華料理は好きです。

あくまで販売員としましても中立だという前提でお話しいたします。

あふれるメイドインチャイナ

あなたが今日お召しの服装のどれかはメイドインチャイナではないでしょうか?

私たちの身の回りにはメイドインチャイナがあふれています。

特に不自由なく、それでいて反復購買もするくらいでしょう。

ですのでコピー商品やひどいやつを除けばきちんとしたモノがあるということを知っておく必要があります。

ドラゴン〇ールなどの真似をして売る方々はあくまで、そういう人たちで

ちゃんとしているブランドがあるという事を理解していかなければならないと思いました。

つづきます。